BMW 530iツーリング(E39型 2002年)

<いまの車なので徐々に追記>

前車シトロエンC4、パッケージや内装は良かったものの駆け抜ける喜びを見いだせずに、またBMWに出戻り。
オンボロ愛好家としては、新しい車は壊れるとすぐ全交換で高くつくので避けたい。コンピュータ制御がまだまだの年代のBMWということでE46かE39が候補でせっかくなので乗ったことないE39を探しててでてきたものをヤフオクでゲット。(ALPINA外装とALPNAホイールがキマってる)

概要

<2018.03購入>
メーカー:BMW
車種:530i ツーリング
排気量:3.0
年式:2002
購入時の走行距離:107,000km
購入金額:約30万円

<2021.01現在>
走行距離:12,5000km
総燃費:8.2km/l
大きめの故障:1回
1年あたりコスト:25万円(税金込み)

E46の328、E36のB6と続いて同じ系統のエンジンの最終形。
年式は2002だが、E39自体は1997からのモデルなので設計はかなり古い。

大きい車体に見えるが、横幅1800でマンションの機械式駐車場にも乗る。でも車内は5シリーズらしく広くて快適。ホイールベースの長さから車自体の安定感も高い。

BMWらしいFRの駆け抜ける喜びを感じられるハンドリングと最後のストレートシックスと言われるなめらかな6気筒エンジンの吹け上がりは運転を楽しくさせる。

2018.04 ドラレコ、AUX追加

まずは、ドラレコは前車(シトロエンC4)から移植。
もともとエンジン連動シガーソケットがつけられていたので、そこにつないだだけ。

加えて、スマホで音楽聴きたいのでオーディオにAUXを追加。
オーディオは純正ユニットに生きている端子があったので、そこに中華直輸入(約250円)のケーブル接続。

当時はAmazonには高いちゃんとしたものしかなかったけど、いまはもう似たようなレベルのケーブルがAmazonでも売ってるみたい。
ただし、これはE39でも後期型の一部だけでしか使えない様子。(オーディオ開けて後ろにこの端子がついてれば使えるが)

ただそのままだと妙に音量が低く使いにくかったので、秋月電子の昇圧キットを間に挟んで調整。
https://akizukidenshi.com/catalog/g/gK-12341/

2018.06 燃料ポンプ故障

2018.08 ウオッシャーホース交換

2019.02 パワステ周り修理

車検の時にパワステ周りのオイル漏れなどが指摘されたので交換

2019.10 電動シート修理

2020.01 バックミラー修理

これまでの他の車
シトロエン C4(初代)
BMW 328iツーリング(E46型前期)

スポンサーリンク
AdSense
AdSense

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
AdSense